え?こんなに狭いの?コンドミニアムのデンに住んでいた話(バンクーバー)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日BC Place近くに長く住んでいたと書きました。今日はそれについて紹介します!

僕はスタジアム-チャイナタウン駅近くのコンドミニアム(日本で言うマンション)に、メキシコ人とのシェアで5ヶ月間暮らしていました。

このメキシコ人は知り合いでも何でもありません。たまたまシェアメイトを探していたのでそれに僕が応募して住むことになりました。

バンクーバーでは一人暮らしをしようとすると高いので、シェアハウスに住むのが一般的です。大体の留学生は ホームステイ→シェアハウス といった形で滞在します。

スタジアム-チャイナタウン駅はダウンタウン(中心街)に位置しているので、ここに住んでいる時はどこに行くのも楽でしたし、よく友達を呼んで一緒に飲んでいました。

住んでいた場所はこちらです。

688 Abbott St Vancouver, BC

近くにT&Tという中国系のスーパーがあり日本の食材も売っていましたし、Liquor Store(酒屋)も近かったので生活するには非常に便利でした。
※バンクーバーはお酒は許可された店(酒屋)でしか販売できないため、スーパーやコンビニでお酒は売っていません。

ただ、一つ問題が。。。

部屋がめちゃくちゃ狭かったのです。写真はこちら。

sharehouse-den1

大体この写真を見せるとみんな「え?」というのですが本当にこのスペースだけです。ただ寝るだけの部屋。あるのはものを備え付けられている板と服をしまう棚だけ。

sharehouse-den3
sharehouse-den2

あ、部屋の外にスーツケースを置けてコートもかけられるクローゼットはありました。でも部屋はこの狭さ。これやばいですよねー。めちゃくちゃ狭いです。本当に寝るだけの部屋。

しかも床が固い!ここで寝てた時は背中が痛くなりました…

さらに窓もない!!太陽の光は大事だなと思いました…

そして(しつこいですけど)狭い!!!寝る以外なにもできない…

マットレスが薄く床が固かったので背中が痛くなるのは結構辛かったんですけど、それよりも辛かったのは太陽の光をあびれないこと。

光が入らないので昼でも夜でも同じ明るさはやばいです。この時一時帰国をして戻ってきたので2,3週間は時差ぼけが治りませんでした…(日本→バンクーバーは17時間の時差があり、直行便で到着した日は24+17で1日41時間もあります)

でも、意外なんですけどこんな狭さでも暮らせるんですよね。

それはなぜかというと

kitchen

living-room1

living-room2

このキッチンとリビングがほぼ使い放題で自由に暮らせたから。シェアメイトのメキシコ人がほとんど自分の部屋から出てこないので、ほぼ一人暮らし状態で楽でした。だからこそ部屋が狭くても5ヶ月間もいたんだと思います。

シェアハウスの良さとしては様々な人と話せてよいという点がありますが、僕は人に気を遣いすぎてしまう性格だったので、大人数と暮らすのは合いませんでした。。

なお家賃は600ドルとダウンタウンでのシェアハウスなら平均ぐらいです(部屋の狭さを考えると少し高いかもしれません)。

あ、あと夜景はきれいでした。呼んだ友達皆が言っていました。

nightview

手前に見えるのがアイスホッケーの試合をするロジャースアリーナ(Rogers Arena)で、奥の青く光っているのが昨日紹介したBCプレース(BC Place)です。BC Placeではサッカーやアメフトが開催されます。

ちなみに住んでいる場所が19階だったので、このように人が小さく見えました。

nightview2

nightview3

※リムジンが停まっているのは、当日ホッケーの試合があったからです。終わってから少し経った後に撮ったので人は少ないです。

懐かしのシェアハウス紹介でした。

余談

シェアハウスを探す場合は以下の方法があります。

  1. JPカナダでみつける
  2. craigslistでみつける
  3. Facebookでみつける
  4. 友達に紹介してもらう

1だと日本人とのシェアが多いです。日本語サイトでの募集なので当然ですね。一番下の「賃貸・シェア」から探せます。

2は「rooms / shared」などから探せます。現地の人が募集しているサイトなので日本人以外とのシェアになると思います。

3はFacebookにバンクーバーの交流用グループが複数あるので、それに参加して投稿されている内容からみつけられます。僕が参加しているのは日本人用のものなので、この場合はもちろん日本人とのシェアになると思います。

4はなかなか難しいと思いますが、友達の友達で紹介してくれるなどあるかもしれません。

なおシェアハウスを見学する場合は、なるべく一人で見学に行かないようにしましょう(特に女性の場合)。僕の友達で被害にあった人はいないと思いますが、襲われたなどの被害もあるそうです。
ちなみに僕は友達に来てもらうのが申し訳なかったので一人で行きました(男でも危ないという話は聞きました)。

ということで、今日の記事も終わりです。短くまとめるはずが結構長くなった記事でした。
ここまで読んでくださった方ありがとうございます。
※ここに載せているサービスを利用した場合に発生した、いかなる損害についても私は責任を負いかねます。
ブログランキングに参加しています。もし良ければクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です